Health and Beauty

医療行為として認定

医療行為の一種と認められるようになりました

温熱療法は、古代から行われていました。お湯や蒸気で患部を温めて、体調の回復や疲労を取り除きます。当時は、医師のみがその施術を行っていました。そして、ごく一部の富裕層しか利用することができませんでした。現代では、温熱療法が広く普及しています。一部の温熱療法に関しては、医療行為として認定がなされています。また、個人においても病気の治癒のみならずひとつの健康法としてとらえらいます。そのため、個人でも温熱ケアができるグッズが多く販売されています。そのグッズの発売当初は、自宅用タイプが主でした。しかし、最近では職場でも気軽に使用できる製品が次々と登場しています。持ち運びができて、どこでも使えるように充電式や乾電池式のグッズもあります。

温熱療法の今後の動向についての予測

温熱療法は、今後さらに発展していくと予測されます。現在、がん細胞を温熱療法で消滅させる治療方法に注目が集まっています。熱に弱いがん細胞を、ハイパーサミアと呼ばれる温熱療法で焼く治療です。現在、がんの治療は化学療法で行っています。しかし、化学療法は副作用などで患者の身体への負担が大きいことが難点でした。また、範囲にわたるがん細胞は手術して切除する方法を取っています。それによって、ときには広範囲にわたる切開手術を必要とします。温熱療法では、手術が必要ながん細胞をピンポイントで取り去ることができます。手術跡も小さいゆえ、患者の回復や社会復帰も早まつメリットがあります。健康保険が適用されるので、治療費も安心です。