Health and Beauty

考え方を知り活用

温熱療法とはどういうものか

温熱療法とは体内に熱エネルギーを与えて、治療を行うことを言います。例えば、お灸も温熱療法になります。いわゆる「ツボ」から気が出たり入ったりしていると考えられています。その気の流れが滞ると病気になるのです。それを熱の刺激を与えることでスムーズにしていきます。手軽に出来る物では、温湿布や湯たんぽがあります。肩や腰を温めると痛みを緩和してくれるのです。毎日取り入れるならお風呂です。血行を良くし体温を上げると、免疫力が高まり新陳代謝も活発になります。サウナや温泉が好きな方も多いですので、ストレス解消に利用すると心身共に健康になれるでしょう。その他には、整形外科の病院で赤外線のライトを当てて治療する方法もあります。

ハイパーサーミアの癌への効果

人間の体の細胞は43℃以上になると、急速に死滅してしまいます。この効果を利用して癌細胞の温度だけを部分的に上昇させます。そうして癌を破壊してしまう治療法がハイパーサーミアという温熱療法です。体に高周波を流して行います。そこで不思議なのが、他の正常な細胞までは死滅してしまわないということです。なぜならば、正常な細胞の周りの血管は温めると拡がります。そして、血液の量が増えて、熱を取り払ってくれるのです。癌細胞の周りの血管はそれが出来ないのです。この温熱療法は週に1〜3回位で行う方がいいでしょう。間を空けずに行っても効果があまりありません。そして放射線治療と併用すると効果が上がります。健康保険も適用されます。